ヨガと自律神経の関係

 

自律神経は基本的には自分の意志では、コントロールできないものですが、例外もあります。

それは、『呼吸』です。

ヨガには自律神経を整える効果があると言われています。 ヨガによって、無意識だった呼吸を意識的に深く、ゆっくりと、呼吸すると、交感神経と副交感神経のバランスが整い、心身と共にリラックスする事が可能になります。

自律神経のバランスが崩れると、様々な心身の不調が現れます。現代人の多くは、刺激やストレスにさらされている為、交感神経が優位になりがちです。その結果、自律神経のバランスが崩れて、不調や疲労、便秘などに繋がってしまいます。また、ホルモンバランスとも大きく関係してきます。

そのため、自律神経のバランスを改善すると言うのは、副交感神経を活性化させるという事を意味し、いかに、副交感神経を上げるかという事がとても重要になってきます。

ヨガなどの適度な動きと正しい呼吸、それと、規則的な生活が、自律神経のバランスを整える事に最適であると言えます。

心も体も一緒に健康になる為にも、ヨガを定期的に行う事をお勧めします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です